昨日の記事の補足(というかほぼ訂正w)

昨夜の投稿ですが、一夜明けて自分で読んでみて書きたかったこと書けてねぇ(>’A`)>ウワァァ!!ってなってますw

夕飯を仕込みながら書き始めて、途中で駅まで家ネコさんを迎えに行って中断が入ったりして・・・、こういう記事はしっかりと記事を書くことだけに集中しないと本来伝えたいことが全く伝わらない文章ができてしまってダメですね。

文章を作ることの難しさを改めて感じたブロガー4年生でした(´°ω°)チーン

ということで、今夜の記事はひとつ前の記事の補足から始めますねー。

 

補足するのは「きれいに走る」っていう部分。

具体的にどういうことかと言うと、交通の流れをしっかりとリアルタイムで把握して、その大きな流れを阻害することなく走るということです。

道交法上では自分が優先であったり止まる必要のない場所でも、自分が配慮することによって周囲の交通の流れが良くなるのであれば、止まったり譲ったりなどの行動を適切に判断して積極的に行うこと、と書けば伝わるでしょうか?

僕が思うに、自転車乗りに最も足りない点は上記の様なより積極的な配慮だと思うんです。

 

僕が目指すところから比べるとずいぶんレベルが低い話になるのですが、赤信号でのすり抜けなんかは配慮に欠けている代表例ですね。

道交法上では停止している車両の左側を抜けていくことは違法ではありません。(動いてたらダメらしいですが・・・)

すり抜けしても合法的なのですが、信号で止まっている車が数台であればわざわざすり抜けても短縮される時間なんて大したことありません。

さらに青信号になってからまた抜かれることになりますから、その時にドライバーに余計な注意を強いることになる上に、追い抜かれるときに事故が起きてしまうリスクを自ら余計に背負うことになります。

そしてドライバーにも余計なリスクを背負わせることになります。

 

この場合では自転車乗りの独善的な目線だと、すり抜けすれば僅かながらではありますが時間短縮というメリットがあります。

しかし交通の流れ全体で見てみると、すり抜けした自転車乗りは、わずかな時間短縮のために自己のリスクを増やした視野が狭くて考えの足りてない大バカヤローってことになりますね(言い過ぎw)

 

うん、僕は大バカヤローにはなりたくないわwww

 

でも実際に交通量の多い道を走っていると、比較的こういう配慮に意識が向いていると思われる(僕が思いたいだけかもw)ロードバイク乗りでもまだ、すり抜けをする人の方が多数派なんじゃないでしょうか?

そりゃあ車のドライバーからは煙たがられますよねw

「あいつらは交通弱者って名前の上であぐらかいている!」ってね。

 

ここで誤解してほしくないことがあって、僕は「なんでもかんでもすり抜けするな!」とか、「ロードバイクの印象をよくするためにドライバーのご機嫌伺いをしろ!」って言いたいわけじゃないんです。

例えに挙げたすり抜けに関して言えば、渋滞に左右されにくい機動力の高さこそ二輪の長所のひとつですからね。

例えば数百m以上の渋滞にまで律儀に付き合わなくても、しっかりスピードを落として安全に配慮しながら抜けていけばいいと思うんです。

僕が言いたいのは車のドライバーに対して卑屈になることじゃなくて、生かすべき長所は生かしつつ、でも刻々と変わる様々なシチュエーションにおいてその長所を生かすべきか否かの判断をしっかりして、生かすべきじゃない場面では自制して配慮ある行動をするべきだということですからね。

ロードバイクだって堂々と走ればいいんです・・・ただし同じ道路をシェアしている人たちへの配慮さえ忘れなければね。

 

で、僕が目指すところはそういう配慮や判断を極めることなのですが、現状では不要なすり抜けをしないこと、信号停止からの再発進時において後方車両の発進を優先させること、ソロライドでのハンドサインの徹底、トレイン後方から近づく車への対向車有無(追い越し可否)のサイン出し、などはそれなりにやっているかな?とは思っています。

ただ、“やっている”だけではダメで、もうちょっとその判断の迅速さと正確さをあげていきたいんですよね。

 

例えば、信号からの再発進時。

後方車両の発進を優先させるためにお先にどうぞのハンドサインを出した時、たまにドライバーが前を見ていなかったりして発進のタイミングが遅れることがあります。

そういう時に、こちらが先に行くべきか、車が発進するのを待つか、迷うことがあるんですよね。

実際に先日行った練習ライドで同じシチュエーションになったことがあって、先頭を走る僕が発進するか迷ったあげく中途半端な行動をしたために、後ろについていた仲間が立ちゴケしそうになりました。

僕としてはより円滑な交通の流れや安全のためにやっているはずのことなのに、後ろから車が発進しようといている場面で立ちゴケを誘発して、流れを滞らせるだけでなくひとつ間違えば事故を起こしかねない事態を招くという本末転倒な結果になってしまったのです。

この出来事には、より上を目指すには僕もまだまだだなと実感させられました。

 

他にもたまにあるんですよね・・・判断に迷って行動がぶれちゃうことって・・・

配慮する気持ちがあっても、空回りしてしまうことがある。

それが僕自身の未熟さです。

その未熟さを記事で公開することで、まずは僕自身にどういう失敗をする傾向があるのかを把握したいし、時にはコメントなどで指摘をしていただいて考えたり行動に反映させる材料にして、より“きれいに走る”能力を磨き上げていきたい・・・

 

そう、それがホントは昨日の夜に書きたかったけどかけてなかったこと。

(´-`).。oO(冒頭で“ひとつ前の記事の補足”って書いたけれど、訂正だコレwww

 

 

日本の現状は特に、自転車に対する法やインフラの整備が未発達です。

だからこそ、今は自転車乗りひとりひとりにそういう配慮や判断能力が求められ、それはこれから自転車が道路をシェアする仲間として受け入れられるには不可欠なことだと思います。

 

ロードバイクで走る以上は、公道をシェアしている他の交通に対して自分がどういうポジションにあるのかをしっかり考えて行動する。

それは無駄なリスクを背負わないことにつながって、最終的にこれまでも目指してきた無事故・無落車の目標を達成することにもリンクしていく動きになると思うし、まだまだ煙たがられがちな存在になってしまっているロードバイクが、道路上で本当の意味で市民権を得ることにもつながっていくと思います。

ひとりではなんにも変わらないかもしれないけれど、でもひとりでもそんな姿を見て「ちゃんとしてるんやなー」って昨夜の記事で取り上げた師匠のように思ってくれる人がいればいいなと思って取り組み続けてみます。

 

昨日と書いとる内容が全然ちゃうやんけ~のポチっとをwwwwww

(*´・д・)σポチッブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

4件のコメント 追加

  1. ヨシト より:

    このような記事を書くのは難しいとの事ですが、ロードバイクに乗る人を助ける記事だと思います。
    ありがとうございます。

    判断に迷うことはありますね。また、判断を誤ると危ないことになったり。

    以前、きっちさんと住友さんのライドの時の動画で、住友さんが後方からの車にハンドサインを出してるのに驚きました。そこまで見てるんやなーって。

    このような記事を自転車に乗る多くの人が見てくれるといいですね。

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      ありがとうございます。

      周りのことを考えて実際に行動していると、自分自身への安全を確保することにつながりますし、たまにドライバーさんからサンキューハザードの返礼があったりとなかなか気持ちのいいもんですよ。
      自転車乗り、ドライバー、歩行者、お互い立場は違えども、安全にスムーズに気持ちよく道路を利用する意識を共有できれば、もっと事故も減らせるし、イライラすることも少なくなると確信しています。
      まずは自分自身がそういう人間でありたいと思うとともに、そういう人がひとりでも多い社会になることを願ってちょっとでもいい方向に変わってゆけるように行動していきます。

      いいね

  2. フジナリ より:

    一人で走ることが多くなってくると、自分の中でも意識はどんどん低くなってしまっている気がします。。
    意識の高い人と走ると、気ずかされたり勉強にほんとうになります。
    記事を読んで、また思うところを反省して意識高く気をつけていこうと思います!

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      ロードバイクで走っているとどんどん楽しくなって自分の世界に入って行っちゃうんですよねー。
      で、気が付いたら自分ではそんなつもりはなくても身勝手な行動をしてたりして・・・
      でもマナーを守るのって実は本当に簡単で、例えば自分が今、後ろから近づいてい来るドライバーだったらどうしてほしいだろう?とか、ちょっとした想像力を働かせるだけでOKなんですよね。
      ということで、肩の力を抜いてできることからちょっとずつやっていけばいいと思いますよ♪

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中