ガーミン vivosmart HR Jを今更ながら評価してみる。

使用機材の報告。

 

昨年の10月末に購入したガーミン vivosmart HR J(以下、HRJ)。

従来の胸に巻くベルトが不要と言うことで、登場からかなり時間が経った今でも気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ということで、今夜の記事では僕なりにHRJの使用感を書いてみたいと思います。

 

まずは結論からズバリ書きましょう!

HRJは・・・

心拍計としてはおもちゃレベルです!

「心拍計としては」という部分がキモですよ。

 

HRJが採用している光学式心拍計は、血管に光を当てて心臓の鼓動と共に変化するヘモグロビンの量を読み取るという仕組み。

上記のとおり、HRJが読み取るのはあくまでヘモグロビン量であり、そこから心臓の鼓動を推定しているにすぎませんし、心臓から離れた腕で計測していることにもハンデがあります。

つまり二次的な現象を計測しているので精度に難点があるんですよね。。。

 

一方で従来の通称“乳バンド”が採用している電気式心拍計は、拍動のたびに心臓が発する電流を計測しています。

心臓の動きを示す電流、つまり一次的な現象を計測している点と、胸に近い位置で計測している点で、その精度はかなり高いということが簡単に想像できると思います。

 

で、肝心のHRJの精度の現実・・・どんなもんかいな?ってことを実例を一つ挙げてみましょう。

僕の場合、189bpmなんて上りで相当追い込まないと出ません。

なのに平地で軽くクルクルと流す → 下りに入ってアウタートップで80rpmほどのケイデンスで流す・・・という流れの時に189bpmを計測w

ライド後に自宅でログデータを見てみると、実際には198bpmを表示していたらしいんですけどねwww

他にも180bpmを表示したと思ったら、5秒後くらいには140bpmになってたり、とにかくこれまでの経験で得た感覚的なしんどさ、そしてパワーメーターの数値などと、心拍数が乖離することが多すぎるんです。

僕だけでなく、ロードバイク仲間たちからも悲しい報告を聞くことがありますしね。。。

ということでHRJの心拍数計測精度に関しては躊躇なく言い切ります!

 

こ れ は ひ ど い w

 

僕は“乳バンド”の装着時のわずらわしさから解放されることと、ヒルクライム時の呼吸の楽さに魅力を感じてHRJを導入しましたが、ここまで精度が悪いと「トレードオフだから・・・」と割り切ることはできません。

ライド後にライド全体を通じての平均心拍数を確認すると、それなりの数値を示していそうなので一応今でもライド中につけてはいますが、リアルタイムでのデータを信用出来ないので心拍計を身に着ける最大の目的であるペースメイクには全く使えません。

ということで、今はパワーメーター、もしくはパワーメーターを付けていない時は自分自身の感覚でペースを作っています。

 

と、ここまでこき下ろすと「誰もこんなもん買わんわwww」ってなると思うのですが、冒頭でも書いたように「心拍計としては」おもちゃレベルっていうだけで、この製品が存在する意義は心拍計とは別にあると思っています。

それについても引き続き書いてみたいと思います。

 

実は上でこき下ろした心拍計としての精度の低さは当然なんですよねw

ガーミンはHRJを心拍計としてではなく、あくまでライフログメーター(活動量計)として販売しているんです。

ライフログメーターっていうのは睡眠時間や歩数、そして心拍数などのデータから、日々の運動量を測定し健康向上にやくだてるためのものです。

ロードバイクやランニングなどの比較的運動強度の高いスポーツ向けというよりは、ウォーキングなどのフィットネス向けに設計されている、と考えていいでしょう。

フィットネスくらいだとそれほど心拍数をシビアに管理しなくても大丈夫ですから、冒頭からこき下ろした心拍計の制度の低さでも許容できるのでしょう。

それを装着の手軽さに魅力を感じてロードバイクに使って精度悪い!っていうのが間違っているのかなーと思うのです。

だって製品の使用用途が違いますもんwww

 

んで、本来の使用用途であるライフログメーターとしても使っているのですが・・・

睡眠不足を自覚しやすくなったり・・・

疲れを自覚できたり・・・

うん、これがなかなかいい感じです♪

便意まで分かるのかそーなのかーwww

まあ心拍数が上がった頃にはすでにお腹痛くなってコンビニへ急行してるんですけどねw

Screenshot_20170107-142953

ガーミンコネクトでデータを管理すれば、なかなか便利ですしね。

ついつい睡眠時間が不足しがちになってしまうブロガーにとっては嬉しい機能ですw

 

ということで、僕が本来狙っていたし使用用途とは違う方向でHRJは活躍中w

HRJはあくまでライフログメーターとして使えばいいと思うのです。

 

で、ロードバイクで使うなら従来の“乳バンド”一択ですね。

もちろんHRJより装着に手間はかかりますが、ロードバイクに乗るときって絶対に着替えるので、その時にバンドを巻くひと手間を加えるだけで精度のしっかりしたデータをリアルタイムで確認でき、正確なログデータを記録できるなら、価値あるひと手間と割り切れますもんね。

ということで、僕も“乳バンド”を買いなおそうと思っています。

 

技術の進歩で今後もいろんな測定機材がでてくると思いますが、その機材がなにを目的に作られたものなのか?どういう人をターゲットにしているのか?そういうことまでしっかりと見定めて、賢くお買い物しなきゃいけませんね。

といったところで、僕なりのHRJの使用感のレポートをおしまいにします。

 

以上、使用機材の報告終了!

 

小売店の売り方にも問題があるのかもしれませんが・・・うん、それ以上書くのはやめておけ!www

収集つかなくなる前に記事を書き続けるのをやめた賢明な判断にポチっとをwww

(*´・д・)σポチッ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2件のコメント 追加

  1. 神邪月 より:

    こんばんは〜
    はじめまして、毎回こっそり楽しみに読ませて頂いております。
    神邪月(かやつき)と申します。
    自分もHRJユーザーですが、自分の場合
    乳バンドと心拍が極端にずれるという事はありませんよ。
    乳バンドをサイコン表示でHRJを認識させずに転送モードにして常に見れるようにしておいてローラーを回して1時間程どれくらいずれるかを確認したんですが、ずれても数値で1が良いとこでした。
    正直自分も最初はこんなんで本当に正確に測れるかを疑問に思ってましたので購入後直ぐに確認しました。
    逆に乳バンドのように一瞬心拍がすっ飛ぶ(ノイズ?)ような事も無いですね。
    個人差(色白の人は正確に出にくい(住友輪業さんはそうではなさそうですが。))や製品個体差もあるかと思いますので、一度代理店等に相談されてみては如何でしょうか?
    初コメントでこの様な生意気な事を申し上げて申し訳ありません><
    自分の使用感とかけ離れてる様でしたのでコメントさせて頂きました。
    最後になりますが、当方神奈川県民なのでなかなか一緒に走る事も無いかと思いますが(そもそも速攻千切られます)もし御一緒する機会がありましたらその時はよろしくお願い致します。

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      初コメントありがとうございますm(_ _)m
      生意気とかここはいちローディの個人的なブログですから全然そんなことありません!
      どうぞこれからも気になることがあったらコメントしてくださいね♪

      で、肝心の心拍計の精度についてなのですが、実は僕は結構色白なんですよw
      乗ってない時は日焼けしてなくて、某お豆さんに『ホワイト輪業』とか言われてましたしねwww
      それで精度が出にくいのかも知れませんね。
      参考になりました。

      しかし乳バンドで心拍がすっ飛んだこともありませんし、同じ機材なのにここまで個人差があるのは興味深いですね。

      お互いロードバイクに乗っている限り、縁があるかもしれませんね。
      その時はよろしくお願いしますm(_ _)m

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中