very racyなパンダはvery gentleなパンダ。

前回からの続きです)

 

DSC_2797

CP4の空きスペースで回り続けるマグロは放っておいて、まだまだ残り125kmほど走る必要がある僕たちはお昼ご飯の時間です♪

FB_IMG_1494906398860

石見の肉を使用したおろち丼と江津特産まる姫ポークを使用した豚汁をいただきまーす♪

 

DSC_2804

それにしても今回の石見GFは絶好のサイクリング日和でしたね。

気温も上がりすぎず、こうやって木陰でご飯を食べているといい感じの風が吹いて気持ちいい♪

しかしこの風がその後、あの男を凶暴化させることになるとは・・・

 

CP4からのリスタートではやはり先発隊が先に出て、シンヤさん、ボンさん、マイトくんと僕で追い上げることになりました。

下り基調の平坦路をローテーションしながらいいペースで進みましたが、なかなか脚が重い。。。

DSC_2807

そろそろペースを落としたいという頃に、先発隊と合流できて一安心。

ここでは紅一点のnaoさんがダラダラと続く上り基調の道を長く先頭を牽いてくれましたがビックリしました。

男性のみのトレインを何度も追い抜いてゆくではないですか!

それでいて常に一定ペースの安定した走行なので、後ろについて脚を回していればいい感じに回復できてしまうんですよね。

その安定感、そして走力の高さ、シンヤさんに聞いてみたら納得でした。

ブルベとかシクロクロスとか、なるほどなキーワード満載でしたからね♪

DSC_2805

おかげでローラーを回し続けているような感覚に陥る八色石のヒルクライムでは、多少は踏むことができました。

あっ、シンヤさんは前方にいい感じの集団を見つけてカッ飛んでいきましたよw

 

そしてそう、シンヤさんですよ!

八色石のピークを下って少し平和な時間があったのですが、CP5へ向かう道に折れた瞬間から吹き始めた追い風・・・アレがいけなかった!

それまで平和だったトレインはぐんぐんとスピードアップ!

その速度は40km/hを下回ることなく、45km/hオーバーに達することもw

 

えぇ、それが始まった頃は僕も楽しんでいましたよ。

でもね、途中から様子が変わり始めたんです。

 

トレインのスピードは変わらない・・・風向きだけが変わった\(^o^)/

 

向かい風に変わったな・・・と思った頃にはすでにマイトくんははぐれマイティーになってましたw

さらにひとり、またひとりとトレインから脱落してゆくメンバー。

気が付けばトレインに残ったのは4人だけw

「これってS練みたいやんwww」

ボンさんの指摘の通り強度がグランフォンドのそれではありませぬ(☝ ՞ਊ ՞)☝アゲアゲ

その強度を人一倍力強く保ち続けているのが凶暴パンダと化したシンヤさんでした。。。

 

「ゴメンなさ~い! 切れま~す!!」

DSC_2808

遠ざかる背中・・・あぁ切ない。。。

 

僕もたまらず千切れました\(^o^)/

その時、僕の後ろにいたボンさんには強烈なインターバルがかかってしまいましたねw

ちなみにボンさんは強者ぞろいのソレイユの中でも“処刑人”というふたつ名を持っているとウワサで聞いたことがある方なのですが・・・

「もうバラバラになっちゃうよぅ」

ボンさんも凶暴パンダの犠牲になったとかw

その時、ボンさんの心からの叫びを聞いたシンヤさんは爆笑してたとかナントカ・・・

 

パンダ怖い、とてーも怖いヨ(・:゚д゚:・)ハァハァ

 

DSC_2810

CP5では木陰で脚を休めましたが、僕たちの後ろにいた外国人ローディさん知り合いらしきローディさんと会話しながらBJCジャージを指さしてひとこと・・・

“This team is very racy.”

うーん、パンダさんがvery racyなだけなんですけどねwww

 

DSC_2811

続くCP5直後の戸河内峠では、昨年の石見GFでstravaのKOMを獲得していたので、さらに更新を狙ってアゲにかかったのですが・・・

さっきのダメージがもろに脚に来ててアタック開始直後に四頭筋が攣る兆候が\(^o^)/

そして僕のペースアップについてきていたvery racyなパンダさんに置き去りに( ノД`)シクシク…

結局、途中の脚攣りを誤魔化している時間のロスで昨年の1分落ちのタイムでしたorz

very racyパンダ、厳しすぎ。。。

 

しかしパンダと言えば人気者。

その後はそんな一面を垣間見ることになりました。

 

戸河内峠はシンヤさんの背中がギリギリ見える位置でクリアしたのですが、そのタイミングでシンヤさんが先行していたnaoさんと合流するのが見えました。

DSC_2815

僕は戸河内峠でついた距離差をキープするイメージで、先行するふたりの背中を見ながらひとり走行を継続していたのですが・・・

 

なんや、この優しさあふれるペースは!?

 

そのペースを保って走っていると、戸河内峠で削れた脚が徐々に回復してゆくのが分かりました。

きっとあの時シンヤさんの後ろについていたnaoさんもめちゃくちゃラクだったと思うんですよねー。

そういえばタイムリーなことに、昨夜コギコギさんが女性と男性との走力差についての記事をポストしていましたが、シンヤさんはやはりそのあたりのぺーシングを心得ているんだと思います。

Facebookとかでハーレムライド的なウラヤマケシカランことを楽しんでいるのをたまに目にしますしねw

さすが人気者、抑えるべきところを押さえておるwww

 

さらにその優しさが発揮される出来事が!

順調に次のCPに向かっていると、前方を走るふたりが停車しました。

DSC_2818

パンクをしている参加者さんを発見して、人助け開始です!

どうやらサイドカットだったようで苦戦しておられましたが、少し時間はかかりつつもシンヤさんが持っていたタイヤブートで復帰できました。

うーん、very gentle♪

 

ちなみにこのパンク修理中に合流した後続メンバーの中で・・・

DSC_2820.JPG

ボンさんが厳しさ疲れで仏像みたいになって寝とるやんかwww

しかもnaoさんに盗撮されとるやんかwww

 

そろそろその優しさ、僕たちには向けられないのでしょうか?

あっ・・・、ダメっすかそーですか(´・_・`)

 

(次回に続く)

 

このパンダ、できる!!と思った方はポチっとどーぞ♪

(*´・д・)σポチにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

広告

2件のコメント 追加

  1. 🐼・F・シンヤ より:

    おやおや?
    なんだか凄い持ち上げられていませんか?www
    次回でガッツリ落とされるやつですね、わかります( ^ω^ )

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      あっ!パンダや!!
      みんな死んだふりせぇ!!( ˘ω˘)スヤァ

      今回はたくさん前を牽いてくれたので助かりましたよー。
      ・・・死にそうになったりもしましたけどね\(^o^)/

      落とすのは・・・今度またそういうネタくださいwww

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中