挨拶スルーの理由に疑問を抱く。

5月20日の業務日報

 

久々にジャージ以外の格好でロードバイクに乗りました。

お昼に仕事が終わって空いた時間で神戸のY’s Roadへお買い物・・・、まあ近いしちょっと乗っておきたいし、でも追い込まなくてもいいやーってのんびりした気持ちで。

ロンTに短パン、それにヘルメットとグローブにアイウェア、ビンディングシューズを身に着けただけのお手軽仕様♪

毎回これだけ準備が楽だといいのにね。。。

 

で、Y’sでのお買い物の成果ですが・・・

お目当てだったスピードプレイのクリートはなかったよ(´・_・`)

以前は取り扱ってたので迷わずY’sに行きましたが、諸事情により取り扱いをやめたとかナントカ・・・

くそぅ、それなら最初から通販にしときゃよかった。。。

 

ツイッターで嘆いてたら・・・

なんか一曲できましたwww

 

Y’sは消費物などをちょろっとお買い物して撤退・・・

あとはのんびりと帰るだけで特にブログ記事になるようなライドになるはずではなかったのですが・・・

 

「うーん、これはどうなんだろう・・・」

ちょっと残念に思うこと、そしてこれまでの自分自身はどうだっただろう?と思うことがあったので、今キーボードをたたいています。

 

 

今回のお買い物ライドは、天気が最高にいい土曜日のお昼過ぎと言うこともあって僕が走った道でもローディさんがたくさん走っていました。

そしていつもの如く、すれ違ったローディさんに会釈したり手をあげたりとご挨拶してたのですが・・・

 

なんだか挨拶の返りがいつもより悪い気がするぞ・・・( ・ὢ・ ) ムムッ

そして挨拶を無視される理由に気付く・・・

 

あぁ、ジャージ着てないから挨拶してくれないんだね・・・

たぶんですけどね。

でも明らかにいつもの感じと違ったからなぁ。。。

 

これがね、まだ僕がメット被ってないとか、信号無視してたとかだったらまだ分かるんです。

「仲間と思われたくないなー」って気持ちが働くでしょうから。

でも僕はメットも被ってたし、信号無視なんて絶対しないし、さらに言えば前後ともデイライトまで点灯させていました。

でも服装がジャージでないだけでここまで違うんかい!って、ちょっと悲しくなりました。。。

 

ちなみに挨拶を返してくれなかった中で一名・・・高そうなFELTに乗った“ローディもどき”さん、信号無視をしてゆきました。

これだけはハッキリ書いておきます。

信号も守れないヤツは僕たちローディの敵です。

ジャージを着ているからエラいんじゃないよ、高級機材を持っているからスゴいんじゃないよ。

信号も守れんアホには挨拶する価値もありません。

ローディもどきは絶滅してしまえ。

 

普段のライドの最中にもジャージではなくTシャツとかで乗っているローディさんとすれ違うことはあります。

メットも被っているし、ルールやマナーはちゃんと守っている・・・でもひょっとしたら、まだロードバイク乗りたてでいろいろ物入りで資金をジャージに回す余裕がないだけかもしれない。

ただジャージを着ていないだけで挨拶を返されないって、悲しすぎませんか?

 

この日、たまたま気分でTシャツでロードバイクに乗りました。

ひょっとしたらこれまでの僕にもそういうことがあったのかもしれないなーと思いました。

だから今後の自分のためにも、この記事を書くことにしました。

 

 

あと挨拶の話題ついでにもうひとつ。

 

某レース会場にて、僕の仲間のロードバイクを倒してしまったまた別の僕の知り合いがいました。

もちろん故意ではないことは分かっていますが、しっかりと本人に対してあやまりましたか? ちゃんと話をしましたか?

機材に傷がついてしまったことはその場で確認できていましたよね?

そういうときの行動にこそ、その為人が現れると思っています。

つまり僕は今、あなたはそういう人なんだ・・・という目で見ています。

そういう人とはお付き合いしたくありません。

 

人対人なので大事なのはコミュニケーションだと思います。

挨拶や合図、ありがとうございますと声に出せば嫌な気持ちな人も少し見方が変わると思います。

これはまた別件で、臨時漕会のチーム内でローディのマナーについて議論が起こった際に、hiroさんが寄せたコメントです。

hiroさんのコメントはいつも物事の本質をついている。

常々そう感心させられるのですが、今回も同様ですね♪

 

 

さて、このまんま記事を書き終えるのはなんだか後味が悪いので・・・

挨拶スルーラッシュの後・・・

悲しすぎてホットドッグうめぇめぇ言うとります©してしまったじゃないか!www

 

寂しすぎて須磨海岸に季節外れの探し物をしてしまったじゃないかッ!www

あっ、二代目さん巻き込まれゴメンやでwwwwww(← 悪いと思ったらあやまりましょうw)

 

IMG_20170520_161322_010.jpg

挨拶スルーでもやっとした心を須磨海岸に吹くさわやかな風に癒されて、元気を取り戻して帰りましたとさ。。。

挨拶は心に吹くさわやかな風の様なものなのかもしれませんねー。

 

以上、業務報告終了!

 

↓ 謝意を表す究極形!? 土下寝をする僕にポチっとしてくだされーw

(*´・д・)σポチブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

14件のコメント 追加

  1. なおと より:

    公道をシェアしてスポーツしている者同士、ランでもバイクでも挨拶はするようにしています。お互いが気持ちいいですし、挨拶をすれば「見られている」事になるので自分を律する事になると思っています。(…という事を自分のブログに書こうと思っていましたが先を越されたのでお蔵入り…)

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      こういう記事は誰が何度かいてもいいと思うのでお蔵入りは勿体ないですよー!
      書く人によって微妙に角度が違ったりして、また新しい気づきが生まれるかも知れませんしね。

      いいね

  2. ダイズ より:

    私はある理由により最近ローディとスレ違っても積極的に挨拶はしてません。
    挨拶してくださる方には返すようにしてますけど。

    その辺は以前コメント入れた安全に関するコトやその他諸々を記事にするときに織り込もうとは思ってますが…
    こういうコト書いてると知恵熱出そうになるんで中々筆が進まず…w

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      おぉ、これは興味深いコメント。
      自分とは違う考えに触れる機会はワクワクします。
      記事、楽しみです。
      知恵熱щ(゚д゚щ)カモーンw

      いいね

  3. Tommy より:

    私は乗り始めたころすれ違う方が、クロスであれマウンテンであっても挨拶していたのですが、基本的にジャージでロードに乗っている方からしか、挨拶が返ってきませんでした。なので私自身も最近ではどうしてもジャージの方にしか挨拶しなくなってきましたね。昔モータバイクに乗っているときも基本的にライダースーツを着ている方は挨拶を返してくれました。やはりなおとさんが書かれているように同じ公道でスポーツを楽しんでいるのなら、その競技に関係なく挨拶を交わしたいものです。
    挨拶を返されることを期待して挨拶していたところもあるのかなぁってちょっと反省しています。まずは挨拶することが大事だと思います。
    初心者のころは中々挨拶されても返す余裕が無いこともありますが、挨拶を受けることで、どこかでその方が別の方に挨拶を自発的にしていただければと思いながらこれからはできるだけ挨拶をしていきたいと思います。もちろん安全運転優先で。

    一つ質問ですが、安全を考えて相手の方が下りである程度スピードが出ているときはあえてこちらから挨拶しないようにしています。皆さんはいかがですか?

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      挨拶が返ってこないと多少なりとも嫌な気分がしますから、返ってこないくらいなら最初からしないというのも納得出来る気がしますね。
      でも今回はこちらから挨拶して返ってこなかったパターンですから、うーん、やっぱりなんだかなーですね。。。
      ま、どっちにしろ積極的に挨拶はしていこうとは思いますけどね。

      相手が下りの時でも僕はできるだけ挨拶してますね。
      Tommyさんが指摘していることについてはなんにも考えてませんでした。
      貴重な気付きをありがとうございますm(_ _)m

      逆に僕が下る時は、挨拶くらいは返せる余裕を持って下ってますね。
      短い時間なら片手放しもできる程度の余裕は持って下っておけば、咄嗟の出来事にも反応できるマージンになると思います。
      でもみんながみんな、そんなマージンを持っているとは限らないので控えた方が良いのかも知れませんね。

      いいね

  4. リキ より:

    たしかに,TOMMY さんが言われるように,ぼくなんか下りでヘタにあいさつを返したりすれば,落車の危険が高まりますから,そのときはゴメンナサイですね。そうやって,相手のことを思いやれる人がたくさんになればすてきです。
    でも,やっぱり一番大切なのは安全に関するルールを守ることですね。信号は守るけれど,制限速度はどうでしょう?ぼくも含めて,下りで速度オーバーはよくありますよね。そんなこと言い始めると,車を運転しているときは,制限速度オーバーはごくふつうになってしまっている。信号はみんな守るけどね。うーん,どう考えればいいのか。
    「信号も守れないヤツ」というのは,信号は「最低限」なのか。
    法律とルールとマナーはおのずとちがうでしょうが……
    うーん,知恵熱出てきました。ここらで失礼します。

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      制限速度に関して言うと、パトランプを回していないパトカーでさえ20km/hオーバーで走っているのを見るくらいですから、安全を守るという建前で違反金を取る口実へと形骸化しているような気がしますね。
      そもそも安全自体が、車だとその車の性能とか、さらにはドライバーのスキル、健康状態、意識レベルに左右される話で、それを自身で見極められない時に危険が迫ってくると思っています。
      ロードバイクも然り、というか車以上に乗り手に依存してきますね。
      だから難しいのですが…

      イカン、これ以上は知恵熱がw

      いいね

  5. 通りすがりのT より:

    いつもブログを楽しく読んでおります。
    詳しい状況を知らないので勝手な想像になりますが、「変な奴が絡んできたなー」程度で良いのでご参考して頂ければ幸いですw
    すれ違い時の挨拶についてですが、私は挨拶の返事が帰ってこないことは気にしません。私が好きでやっていることですし、相手に伝わっているか、返事をする余裕があるのかが判らないからです。私は以下のように考えています。
    (1)挨拶を返す余裕がなかった(挨拶を返す準備をしていなかった)。
    (2)自分への挨拶と伝わっていない(他の人への挨拶だと思われている)。
    (3)挨拶に気づいていない(行動を観察されず見過されている)。
    (4)挨拶の動作と思われていない(手を動かしただけ、頭を動かしただけと思われている)。
    面と向かって挨拶しているわけでもないですし、無視したくて挨拶を返さないのではないと思います。
    ”仲間”のロードバイクを倒してしまった”知り合い”についてですが、その後、”知り合い”が行動を起こしたか確認したのでしょうか?
    私は”知り合い”と同じような状況に陥り、疎遠された経験があります。
    1.所有者:Aさんが席を外していて、その場(目撃者:Bさんの前)で解決できることができなかった
    2.目撃者:Bさんのいないところで所有者:Aさんと話し、当人同士で問題を解決した
    3.その後、目撃者:Bさんから連絡が一切無くなり、私から連絡をしてみると「あなたのような人とは付き合いたくありません」と言われました。
    結局、話を聞いていると目撃者:Bさんの勘違いだったのですが、この間に他の人へ吹聴され、人間関係が悪化しました。
    住友輪業さんの場合とは異なるかもしれませんが、知らないところで物事が動いていることもありますし、申し訳ないと思いながらも言い出せない人もいます。駄目な奴と決め付けず、間を取り持つのが必要ではないでしょうか。

    いいね

    1. 目撃者のC より:

      通りすがりのT様
      「知り合い」の件について。
      私はその場でその出来事を目撃していた者で、住友輪業さんの「仲間」を自認する側としてコメント致します。
      状況を詳しく書くと秘匿性が薄れますので控えさせていただきますが、この件については「所有者(仲間)」「当事者(知り合い)」「目撃者(住友輪用さん・私・他数名)」がその場に居合わせておりました。
      そして私及び住友輪業さんはその「仲間(所有者)」から、事後「知り合い」から一切の謝罪が無かったことも聞かされております。
      通りすがりのT様のご経験を拝読すると「知り合い」に感情移入することは理解出来ますが、「住友輪業さんの場合と異なるかもしてませんが」と思うのであれば、批判的な内容は避けるべきではないでしょうか。
      また、住友輪業さんは人気ブログの筆者ではありますが、私人であり公人ではありません。
      何故間を取り持つ「必要」があるのでしょうか。
      今回の件の当事者である「仲間」と「知り合い」はそもそも顔見知りであり、二人とも成人した社会人です。
      にも関わらず挨拶(謝罪)すら出来ないのは、「仲間」本人及びその仲間から不快に思われるのは当然ではないでしょうか。
      そして大切な自転車を傷付けた「知り合い」に対し、一切の追及(賠償請求)をしなかった「仲間」の事を考えてみてください。
      住友輪業さんは今回の一件のみで「駄目な奴」と決めつけたのではなく、以前から思うところがあり積み重なっての「お付き合いしたくありません」という判断なのだと思います。
      しかしBさんの様に黙って付き合いをやめる事をせず、「知り合い」の目に触れる可能性の高いブログでこの件を言及したのは、紛れもなく住友輪業さんの優しさです。
      そしてそれが「間を取り持つ」結果に繋がる事を願います。
      「変な奴が絡んできたなー」と受け流すには余りにも的外れな内容に感じましたのでコメントさせていただきました。
      「面倒な奴が返信してきたなー」程度で良いのでご参考にしていただければ幸いです。

      いいね

      1. 住友輪業 より:

        >目撃者のCさん
        いろいろとバックグラウンドの補足をありがとうございますm(__)m

        >住友輪業さんは(中略)私人であり公人ではありません。
        これね!すんごいうなずきましたw

        コメントの大部分が正しいのですが、ひとつ訂正を。
        今回ブログに書いたのは優しさによるものでなく、挨拶の話題ついでのただの気まぐれですw
        「自分のケツは自分で拭く」が大人の大前提ですが、その前に自分のケツが汚れているかどうかも自分で気が付いてほしいですね。
        そして公開しているブログで「ケツ汚れてるぞ!」って書くのは絶対に優しさではありませぬww
        正しいのかもわかりませんが、あとは当事者に任せましょう。

        >通りすがりのTさん
        まずはTさんにとって苦い過去を思い出させてしまったこと、少なからず不快な思いをなさったことと存じます。
        申し訳ありません。
        そしてバックグラウンドを全て省略して書いたため、色々と誤解を招いてしまいましたね。
        まあそれは目撃者のCさんのコメント通りに受け取っていただければと思います。
        人は多かれ少なかれ過ちを犯す生き物ですから、過ちに気付いてからの行動においてこそ、その人の真価が問われると僕は信じています。
        だからこそ、今回の件では「お付き合いしたくない」という強い言葉が自然と出てきた次第です。

        挨拶については、明らかに目線がこっちに来てても返事がないと、無視されてるとしか・・・なんだかなーってなってしまいます。
        もちろん別の人でしょうが、ジャージ姿ならもっと返ってきますからね。
        まあシンプルに、見た目だけで判断せずに挨拶されたことに気が付いたらちゃんと返せば?ってことです。

        いいね

      2. 通りすがりのT より:

        住友輪業様、目撃者のC様
        ご返信ありがとうございます。また、不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。批判的なコメントを書きたかったのではありませんが、改めて自分の文章を読み直し、失礼な言い方になっていたと反省しております。
        目撃者のC様のコメントの通りだと思います。住友輪業様のブログで、第三者にも関わらず関係者の方々に当時のことをコメントさせてしまい大変恐縮しております。
        住友輪業様、目撃者のC様、関係者皆様には大変ご迷惑おかけしました事を深くお詫び申し上げます。

        いいね

      3. 住友輪業 より:

        気にしすぎですよーw
        もっと気楽に行きましょう♪

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中