咄嗟の瞬間にクセは出るもの。

 

前回からの続きです)

 

僕も含めると27人も集まってしまった第2回 欲張り朝練。

 

「おいっ! お前ひとりで大丈夫か!?」

という声が聞こえてきそうですが、そーです無理ですwww

 

でも今回は臨時漕会からオンチさん、ちょろりゅうさん、ディーさんが参加してくれていますし、アールさん、アキオさん、バナメイさんもいますからね♪

まあいろいろとお願いできる仲間がいるっていうのは心強いものです。

 

さらに凸撃で現れた6人のBiwako Cyclingのメンバーも僕にとっては味方です。

これから行う集団走行技術の練習は、お手本となる集団走行に慣れた人が多ければ多いほどスムーズに行えるんです。

今回は予めビワサイの皆さんにお願いしたことはありませんが、みんなガルマさんの朝練で集団走行技術は身に着けているので、トレインに混じって走ってくれるだけで僕のサポートになるんですよね♪

 

それは前回の欲張り朝練にも参加してくれた6人の方も同じことが言えて、参加回数が増えれば増えるほど、僕のサポートになると言えるのです。

最終的には僕が何も教えずに欲張り朝練が完結するようになるんじゃないかなwww

 

ということで、実は27人のうちの過半数以上が実は僕のサポート役という構図が僕の頭の中でできていたので、その人数にビビるっていうよりはむしろお気楽そのものです♪

DSC_3121

神戸空港島に移動する光り輝くちょろりゅうさんw・・・頼りにしてますよ!!

DSC_3123

神戸空港島の上空は抜けるような青空!

何も気にすることはありません♪

あとはしっかりと自分のなすべきことをするだけです╭( ・ㅂ・)و ̑̑

 

ということで空港島に到着直後から集団走行技術についてのレクチャー開始です。

レクチャーの内容はコチラにまとめてあるので、ご覧くださいm(__)m

 

前回のと同じく、前輪が全走者の後輪にハスッた時のために、停止した状態でホイールの押し当て合いをしましたが・・・

DSC_3124

驚愕の27人列車を編成www

 

もちろんやりませんが、こんなので公道を走行したらすんごい迷惑ですよねwww

こんな異様な光景はこうするように言った僕自身初めて見ましたw

 

で、今回も5~6人列車で25km/hくらいでトレインを組んでもらうことにしたのですが、前回言い忘れていたポイントを付け加えておきました。

  • 列車後方の人は前の人よりも早く前方の危険を見つけるくらいのつもりで走ること。
  • 車間を一定にキープするとき、できるだけブレーキを使わずに漕ぎの力加減でスピードコントロールをすること。

ひとつ目の項目は書かずともお分かりいただけるでしょうが、安全を人任せにしないのはソロライドでもグループライドでも一緒です。

先頭の人だけが前を気にするのではなくその後ろの人も危険を探して、察知した危険を声を出してトレインを組む仲間と共有すると、そのトレインの安全性はぐっと上がります。

ひとりの目より、ふたりの目・・・ふたりの目より、三人の目って感じですね。

さらに最後尾に近い人は、前の方で走る仲間が分かりにくい後方の状況・・・例えば後ろから大型車が近づいてくるとか・・・を確認して、それを前方に伝えるという重要な役目もあります。

 

ふたつ目の項目は、まずブレーキを使うと不自然な形での減速となるので、その後方を走る仲間が車間をキープしにくくなります。

そして後方の仲間もブレーキをかけて、そのさらに後方もブレーキをかけて、またそのさらに後方の(以下略・・・となると、まあトレインがぎくしゃくなってしまうのはお分かりいただけるかと思います。

トレインの速度が25km/hほどと低速で空気抵抗などの走行抵抗が小さいため、少し踏んだだけでも思った以上に加速してしまいます。

その条件下であえて漕ぎの力加減だけで車間を調整することで、漕ぎの入れ方の微妙な力加減が身に付くこととなり、一定車間をキープする能力を向上させることにつながっていきます。

一定車間をキープする能力が上がると、ハスったりすることが少なくなり、また後方の仲間も走りやすくなるので、トレイン全体の安全性が上がるんです。

 

と、いうことを踏まえて走行開始です♪

そしてここで僕が今回から投入した新機材が火を噴きますw

欲張り朝練のためにカメラ新調しちゃった(ノ≧ڡ≦)テヘペロ

尚、家ネコさんを遠隔操作して手に入れた模様www

 

そんな新機材を使って撮影した映像がこちらになります。

 

ホントにゆっくり走っているでしょ?

でもこれが意外と難しいんです。

例えば35km/hとかで安定した列車走行ができる人でも、25km/hでの列車走行は難しいんじゃないかと思います。

前述の漕ぎの力加減で車間をキープするっていうやつが、35km/hだと走行抵抗が大きいので大味なさじ加減でもなんとかなっちゃうんですよね。

欲張り朝練は文字通り練習なので、難しい条件下で参加してくれた人のスキルをあげていきたいと思って、この練習を取り入れています。

もしチーム内でトレインを組む練習をする機会があるのであれば、是非やってみてください♪

意外と難しいって感じることでしょうw

 

あと、僕は各トレインの様子を見回って必要に応じて指示を出していたのですが。神戸空港島のコースだと適当なところでUターンすれば各トレイン間を行ったり来たりしやすいので、僕が脚をパンパンにして走り回る必要がありません♪

これが僕にとってこのコース最大のメリットといえるでしょうwww

ホントはもうちょい起伏があった方が練習にはなるんですけどね・・・

 

その後はローテーション練習へ。

練習前のレクチャー内容はコチラのリンクをどうぞ♪

 

で、走ってみる。

 

あっ! しもた・・・言い忘れてたことあったやん(ノ∀`)

 

上の動画のローテーションには問題点がふたつ。

ひとつめは前を牽いた人が後ろに下がってくるとき、トレインが外に膨らんでしまっていること。

ふたつめは前を牽いて下がる人が路肩の幅を使い過ぎていること。

 

先頭交代で使う道幅はできるだけ狭くコンパクトにまとめた方が、トレインに乱れが起きにくいです。

特にトレインが外に外に膨らんでしまうと、普通の道ではそれこそ後ろから車が来ているかもしれないので危ないですよね・・・まっ、もっともそんな時に先頭交代をしないことが第一ですけど、後方から接近する車両の見落としもあるので、ここは気を付けておいた方がいいです。

レースなんかだと、特に先頭集団ではこういう技術はよりシビアに求められると感じますしね。

 

で、今回は対策として、トレインはコーナーを曲がるときや障害物をよけるとき以外は白線をトレースするようにしてもらって、先頭から下がるときは一車身だけ横にずれて後ろに下がるようにしてもらいました。

 

その結果、上の動画のようになりました。

まだ不慣れな部分もありますけど、最初の動画より格段に良くなったと思います。

 

まっ、こういうのは反復練習で体に覚え込ますのみですね!

いい癖が身に付いたら、それが自然と危険を回避することにつながってゆきます。

逆に悪い癖は危険が迫った咄嗟の瞬間に出てしまうものです。

どうせつけるのならいい癖をね♪

 

ということで、神戸空港島のコースを何往復かしてもらって、技術練は終了です♪

さて、次はいよいよ強度をアゲアゲしますよー(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

(次回に続く)

 

こういう練習もしてみたい!って思った方はポチっとどーぞ♪

(*´・д・)σポチにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

広告

4件のコメント 追加

  1. メタボびと より:

    住友さん、今日もお疲れ様です!(`・ω・´)ゞ チッス
    確かに低速での集団走行は難しかったです~間隔を詰めれば詰めるほど 脚を止めると開くし、漕ぐと突っ込むと···間隔調整の為に何度もブレーキを使ったり車列から外れたりとダメダメでした(涙)
    こんな場合は集団の速度に合わせた適切なギアで回すのが解決方法なのでしょうか?
    そうなると、いつも重いギアで漕ぐタイプの方は低速集合走行はなかなか難しそうですねw
    こういうのは練習あるのみなのでしょうが、何か目から鱗の コツ的な何かがあれば教えてください!m(_ _)m

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      この低速列車走行、きっと役に立つのでビワサイでもやってみてくださいね。

      コツはメタさんのご指摘通り、適正なギヤを選んで回すこと。
      あとは前をしっかり見て、1台前だけでなく、2台3台前との車間を意識するのもいいですね。
      ペダルは「踏む」ではなく丁寧に回すことが重要ですよ!
      軽いギヤを丁寧に回すには体幹の強さも必要になりますが、体幹の強さは速さにも直結しますしロードバイクを安定させることにも役に立ちます。
      たまには踏まずにゆっくりとしたスピードで回すトレーニングをして体幹を鍛えるのも安全につながるのかもしれませんね。

      いいね

  2. ヨシト より:

    本文と関係ないですが黄色い三角のヒラヒラは目立っていいですねぇ。お尻に付けてみようかしらん。

    いいね

    1. 住友輪業 より:

      あれはU10さんですね。
      僕も初めて見ましたが、走行風でヒラヒラ動いてよく目立つのでいいアイデアだと思いました。
      どっかで売っているんでしょうか?
      U10さん、このコメント見てたら教えてくださーい!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中